ニュースリリース

 

2019/11/27

クルマ・技術

「SKYACTIV-D」搭載車、国内販売累計50万台達成

-優れた環境性能と運転の楽しさがお客さまに好評-

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • PDF

マツダ株式会社(以下、マツダ)のクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」搭載車の国内販売が、2019年9月末時点で累計50万台に達しました。
「SKYACTIV-D」は、それまでの常識を覆す低圧縮比化を実現し、走行性能、燃費性能、環境性能を大幅に改善したエンジンです。国内市場向けの「SKYACTIV-D」搭載車は、2012年2月に導入を開始。それ以降、3種の排気量をラインナップし、マツダ ロードスターを除く全乗用車に展開してきました。圧倒的なトルクによる高速道路や登坂での余力感、給油のたびに嬉しくなる優れた燃費と経済性、ディーゼルエンジンとは思えないような静粛性や高回転までの伸び、いつまでも乗っていたくなるような運転の楽しさなど、オーナーとなり初めて実感できる独自の価値が、多くのお客さまからご好評いただいています。

SKYACTIV-D 1.5
SKYACTIV-D 1.5
SKYACTIV-D 1.8
SKYACTIV-D 1.8
SKYACTIV-D 2.2
SKYACTIV-D 2.2

■「SKYACTIV-D」搭載車

CX-30、CX-8、CX-5、CX-3、MAZDA6、MAZDA3、MAZDA2

(参考)クリーンディーゼルエンジン国内乗用車販売台数推移 (マツダ車:マツダ調べ 全銘柄:自販連調べ)
CY2012 CY2013 CY2014 CY2015 CY2016 CY2017 CY2018 CY2019
(1-9月)
マツダ車 28,875 45,379 48,815 103,771 73,566 69,286 80,671 50,195 500,558
全銘柄 40,201 75,701 79,222 153,732 143,468 156,162 176,721 136,476 961,683

マツダは、クルマ本来の魅力である「走る歓び」によって、美しい「地球」と心豊かな「人」・「社会」を実現し、人の心を元気にすることにより、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。