ニュースリリース

 (ご参考)

2006/02/28

企業情報

「マツダMPV」、生産累計100万台を達成 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク

 マツダ株式会社は、マツダを代表するミニバン「マツダMPV」(輸出名:Mazda MPV)の生産累計が100万台を達成したと発表した。1988年4月に初代「マツダMPV」を生産開始して以来、17年10ヵ月での達成となる。

 

 1988年に北米市場に、そして1990年に国内市場へ投入された初代「マツダMPV」は、Multi Purpose Vehicle(多目的自動車) の頭文字をとってネーミングされ、独自のパッケージング、高い機能性で注目を集めた。

 

 「マツダ MPV」は、時代を牽引する新たな価値観を提案するという基本思想を変えず、その後も常に時代の先駆けとなる機能や装備をお客様に提供し続けてきた。

 

 1999年に発売された2代目MPVは、両側電動スライドドア、KARAKURIシートなどのユニークな装備が消費者のニーズを捉え、国内市場でも発売以来26万台を越えるヒット商品となった。

 

 今月2日に2度目のフルモデルチェンジで3代目となった新型「マツダMPV」は、従来のMPVが持っていた機能性、使い勝手の良さを維持しながら、デザイン、走行性能、パッケージングの大幅な革新を行うと共に高い環境性能を実現した。

 

 尚、新型「マツダMPV」は3月20日にはターボモデルを、4月15日には4WDモデルを発売する予定である。